ページトップ不動産投資 顧問 収益不動産 をお考えの方へ

不動産投資で経済的自由を手にする会

お問い合わせ・ご予約はこちらから




毎月のグループコンサル
(毎月2回開催)

◆2017.1
【会員向け】名古屋で新築セミナーを開催しました。


◆2016.12
【会員向け】東京で事例セミナーVol.3と忘年会を開催しました。


◆2016.11
【一般向け】大阪、東京で出版記念セミナーを開催しました。


◆2016.10
【メガ大家PJT参加者限定】決算書セミナーを開催しました。


◆2016.10
【会員限定】出版記念セミナーを開催しました。


◆2016.10
第2作目の書籍を出版しました。


◆2016.9
【人数限定】バリツアーを開催しました。


◆2016.9
【メガ大家PJT参加者限定】ヒアリングアフターセミナーを開催しました。


◆2016.8
モーニング、ランチ、おやつ懇親会を開催しました。


◆2016.7
【人数限定】第2回五島ASミーティングを開催しました。

◆2016.6
【メガ大家PJT参加者限定】融資付けの極意セミナーを開催しました。


◆2016.6
村田式ロケット戦略成功事例シリーズVol.2セミナーを開催しました。


◆2016.5
家賃大幅アップのための仲介店ヒアリングのコツセミナーを開催しました。


◆2016.4
熊本地震について


◆2016.2
アフターCF1000万セミナー(講師才津)を開催しました。

成功事例
最初は、はたして信じてよいのか、と心配でした

村田様

先日ようやくCD物件を入手することができました。
村田先生はじめ皆様方には、
本当にお世話になりありがとうございました。
心よりお礼申し上げます。

ここまでにはこれでもかというくらいの
紆余曲折がありました。
一番初めは京都の物件でした。
これは買い付けを入れる前に先手が入り、
現地に見に行っただけで終わりました。

次は名古屋近郊に高速を飛ばして見に行きました。
この物件はすぐに買い付けを入れましたが、
やはり横槍が入ってアウトでした。

次に来た兵庫県の物件。
これが今回購入した物件なのですが、
銀行融資や売主さんとの様々な交渉などで
購入までに4カ月弱かかってしまいました。

精神的にとても疲れましたが、
それだけに入手できた時の爽快感も最高のものでした。

どの家庭でも奥さんの理解を得るのが
難しいとお聞きしています。

我が家の経験が、
どこまで参考になるかどうかはわかりませんが、
いかにして妻と二人三脚で購入にこぎつけられたのか
思いつくままに書かせていただきます。

妻は結婚当初よりいずれ自宅を購入したいと思っており、
自分でアポを取って不動産を見にまわるのも
苦ではありませんでした。
私も時間が合うときには、
いっしょに家を見にまわっていました。

今思うと我が家は、もともと不動産投資への敷居が
低い家だったように思います。

しかし村田先生との初回電話相談を終え、
私が自宅ではなくまず投資用の物件を購入すると
言い出した時はさすがに妻は反対しました。

理由はおおよそ次のようなものでした。

@村田先生とは会ったこともないし、
その名前自体聞いたこともない。
そのような人の言うことを全面的に
信頼していいものなのだろうか?
(村田先生個人への疑問)

A物件を紹介したり融資を仲介したりすると言うが、
本当に安全なのか?
とんでもない物件をつかまされるのではないのか?
(物件や融資への疑問)

B村田先生の紹介するものがはたして絶対なのか?
(投資の方法や方針への疑問)

それぞれは確かに的を得た疑問であり、
私の頭の中にもまったくないというと
嘘になるものばかりでした。

@については電話相談で話した内容や、
その際に受けた印象をダイレクトに伝えました。
またホームページを教えていっしょに見たりしました。
いずれ何かの形で本人に会おうということで、
とりあえずふたりとも納得しました。

その後7月に名古屋で村田先生の講演会がある
という情報をいただいた時は夫婦ですぐに申し込みました。

なかなか会えないと思っていたのに、
会える機会がすぐにできたことは、
大変いいことだったと思います。

直接お会いした村田先生は、
想像どおりの誠実な真面目な方という印象を受けました。
妻は細身で男前のいい印象の方ね、と言っていました。

この講演会で@の疑問は払拭できました。

AやBについては多岐にわたり、
いろいろとディスカッションしました。

妻の質問に答えられないものは、
その都度マニュアルに戻り、精読して答えました。

またマニュアルだけで不十分な内容は、
どんどんとメールで村田先生に相談しました。

この作業の繰り返しは、
結果的に私の頭を作るのにも大変役立ちました。

例えばレバレッジをかけるという意味での、
多額の借金はどのように返して行くのか?という疑問には、
この投資法がいかにリスク回避を考え抜いているかを
逐一説明しました。

また物件がB級である以上、すすけた外観は否めません。

これをどう受け止めるかについても
「住んでくれる方がいて、その人たちが家賃と住居環境に
納得して払っていただけるならそれでいいのではないか?」
と説得しました。

これらの過程で常に私が気をつけたことは
「ともに歩もう」という一点でした。
自分だけで突っ走らずいつもともに行動しようと呼びかけました。

妻も保証人になる以上は、
私任せにはしないという立場を貫いてくれました。

最初の京都物件を見たときには、
本当に大丈夫なのかと否定的な反応を示していた妻でしたが、
ひとつひとつ疑問が解け、
紹介された物件を現地に見に行くたびに、
だんだんと乗り気になってくれました。

しかも女性の立場から、男の私では気づかないような視点で
疑問や指摘をぶつけてくれるようになりました。

また現在本業の医院はそれなりに盛業ですが、
車で言うとアクセルベタ踏み状態です。

いずれこのペースで走れなくなり、
収入減となることは目に見えています。

ですので今からそれに備え少しずつ不動産収入を増やしながら
本業収入の目減りを補おうと思っています。
またどうせ将来もらえる年金も微々たるものでしょうし、
妻は11歳年下ですので、私が死んだあと
20年はひとりで生きていかなくてはなりません。

老後に向けての備えも、
なるべく早くできるうちから始めたいと思っていました。

このような内容をひとつひとつ話していったことも、
妻の協力を得るのに功を奏したのでないかと思います。

このような過程を経て、
ようやく物件をひとつ購入することができました。

建築科を卒業しインテリア関係の仕事の経験もある妻は、
購入した物件のリフォームに積極的に関わってくれていて、
今では頼もしいビジネスパートナーです。

これからも堅実にこの不動産事業モデルでやっていこうよ、
と言ってくれるまでになりました。
今後も妻と二人三脚で頑張っていきたいと思います。

村田先生はじめ関係者の皆様、これからもお世話になります。
よろしくお願いいたします。


関西在住  匿名様(医師)

不動産 投資 収益 不動産 をお考えの 経営者 お医者さまへ