なぜ、当会のクライアントだけが
複数棟物件を購入し、資産形成できるのか?

なぜ、当会のクライアントだけが
複数棟物件を購入し、資産形成できるのか?

巷には、自己流で不動産投資を始め、中古1棟物アパートを購入したのに、それ以上資産を構築しようとしても、融資を引っ張ることが出来ず、行き詰まった方であふれかえっています。

実際、中古収益不動産を2~3棟購入するだけなら、それなりの属性であれば誰でも購入することができます。
 
特に3S銀行といって、
「スルガ銀行」「静岡銀行」「SBJ銀行」を使うと、3~5億程度なら簡単に借り入れして購入することが可能です。
 
これらの銀行は、比較的属性が良い人を対象に高金利(3.2~4.5%)で貸し付けする代わりに、一般の銀行より大幅に多い融資額を、法定耐用年数を超過して、貸し出しすることで有名です。
 
簡単に言ってしまえば、粗悪な(価値が無い)物件でも、属性さえ良ければ3~5億程度まで借り入れできます。
 

ところが、数棟購入後から大きく差がついてきます。
 
安易に借りれるからと、上記の3S銀行を使って物件購入した方はほぼ例外なく次のようなパターンに陥ります。
 

  1. 業者、又は不動産コンサルタントに勧められるままに
    3S銀行で借りれるだけ借りて事業拡大する。(3~5億程度が多い)
  2. 3S銀行から、もう貸し出しできませんと言われる。
  3. 3S銀行から借りて購入した物件が、全然キャッシュフローが出なくて、
    失敗だったことに気づく。(持ち出しになってしまうことも)
  4. なんとか資金繰りを改善しようと、3S銀行から高金利で借りているのを
    他行に借り換えしようとするも、大幅に融資額が伸びず、
    多額の資金を入れないと借り換えできない。(当然そんなお金はない)
  5. ならば、良い物件を買い増しして失敗を取り返そうと、他行に新規融資を依頼するが、
    既存物件が大幅に債務超過していて貸し出しできないと、全ての銀行から断られる。
    (事業拡大の道は閉ざされ、どん詰まりとなる)
  6. 売却しようとするも、元々市場相場より大幅に高く購入している為、
    そんな高い額で購入してくれる人は現われない。つまり売却できない。
    (撤退の道も閉ざされ、本当のどん詰まりとなる)

 
一方で、当会の会員は、順調に事業規模を拡大していきます。
 
なぜ、当会のクライアントは、複数棟を購入できるのでしょう?
 
それは、【投資戦略】を持っているかどうか、たったそれだけの違いなのです。
 
無計画に購入を進め、行き詰まってから、当会に相談に訪れる方が、後を絶ちません。
しかしながら、正直、それでは手遅れです。

残念ながら、その時には、債務超過などで信用を毀損しており、 もはや、なにも出来ないことが多いのです。

そのような、【行き詰まった失敗投資家】の方の共通した考え方というのがあることに気付きました。
 
それは、「とりあえず利回りの良い中古物件を1棟買ってから、次のことは考えよう」という考え方です。

年齢や年収・金融資産は、関係ありません。

手前味噌ですが、もし最初から多くの顧問をしている当会に来ていれば、
今頃・・・
  
そう思う方が、本当に多いのです。
 
不動産投資は、後戻りができない投資です。

ですので、【投資戦略】は、それぞれの資産背景・投資目的・投資目標・使える金融機関の数などを考慮し、ご自身にあった戦略を、慎重に立てる必要があります。
 

巷には、自己流で不動産投資を始め、中古1棟物アパートを購入したのに、
それ以上資産を構築しようとしても、融資を引っ張ることが出来ず、
行き詰まった方であふれかえっています。

実際、中古収益不動産を2~3棟購入するだけなら、
それなりの属性であれば誰でも購入することができます。
 
特に3S銀行といって、
「スルガ銀行」「静岡銀行」「SBJ銀行」
を使うと、3~5億程度なら
簡単に借り入れして購入することが可能です。
 
これらの銀行は、比較的属性が良い人を対象に
高金利(3.2~4.5%)で貸し付けする代わりに、
一般の銀行より
大幅に多い融資額を、法定耐用年数を超過して、
貸し出しすることで有名です。
 
簡単に言ってしまえば、
粗悪な(価値が無い)物件でも、
属性さえ良ければ3~5億程度まで借り入れできます。
 

ところが、数棟購入後から大きく差がついてきます。
 
安易に借りれるからと、
上記の3S銀行を使って物件購入した方は
ほぼ例外なく次のようなパターンに陥ります。
 

  1. 業者、又は不動産コンサルタントに勧められるままに
    3S銀行で借りれるだけ借りて事業拡大する。(3~5億程度が多い)
  2. 3S銀行から、もう貸し出しできませんと言われる。
  3. 3S銀行から借りて購入した物件が、全然キャッシュフローが出なくて、
    失敗だったことに気づく。(持ち出しになってしまうことも)
  4. なんとか資金繰りを改善しようと、3S銀行から高金利で借りているのを
    他行に借り換えしようとするも、大幅に融資額が伸びず、
    多額の資金を入れないと借り換えできない。(当然そんなお金はない)
  5. ならば、良い物件を買い増しして失敗を取り返そうと、他行に新規融資を依頼するが、
    既存物件が大幅に債務超過していて貸し出しできないと、全ての銀行から断られる。
    (事業拡大の道は閉ざされ、どん詰まりとなる)
  6. 売却しようとするも、元々市場相場より大幅に高く購入している為、
    そんな高い額で購入してくれる人は現われない。つまり売却できない。
    (撤退の道も閉ざされ、本当のどん詰まりとなる)

 
一方で、当会の会員は、順調に事業規模を拡大していきます。
 
なぜ、当会のクライアントは、複数棟を購入できるのでしょう?
 
それは、【投資戦略】を持っているかどうか、
たったそれだけの違いなのです。
 
無計画に購入を進め、行き詰まってから、当会に相談に訪れる方が、
後を絶ちません。
しかしながら、正直、それでは手遅れです。

残念ながら、その時には、債務超過などで信用を毀損しており、
もはや、なにも出来ないことが多いのです。

そのような、【行き詰まった失敗投資家】の方の共通した考え方
というのがあることに気付きました。
 
それは、
「とりあえず利回りの良い中古物件を1棟買ってから、次のことは考えよう」
という考え方です。

年齢や年収・金融資産は、関係ありません。

手前味噌ですが、もし最初から多くの顧問をしている当会に来ていれば、
今頃・・・
  
そう思う方が、本当に多いのです。
 
不動産投資は、後戻りができない投資です。

ですので、【投資戦略】は、それぞれの資産背景・投資目的・投資目標
・使える金融機関の数などを考慮し、ご自身にあった戦略を、慎重に立てる必要があります。
 

不動産投資をする場合の
1番の成功要因をご存じでしょうか?

それは、「収益性が素晴らしい物件に、銀行融資を取り付けること」です。
 
これが実現すれば、不動産投資の9割が成功したと言えます。
 
なぜならば、「収益性がよい物件」を購入できた場合、
少々の【突発の出費】があったとしても、資金的余裕があるため、
いろいろなことに対応が可能だからです。
 
つまり、少々のことではビクともしませんので、収益性が良い物件を
購入するということは、大きなリスクヘッジになるのです。
 
そして、収益性が良いということは、決算書が良くなりますので
その後の拡大戦略、銀行戦略でも有利に働きます。


また、「融資が付くこと」も重要です。
 
なぜなら、不動産を全額キャッシュで、購入できる人は稀で、
不動産投資には銀行融資が付きものだからです。
 
よって、どれだけ収益性が良くても、融資が付かない物件は、
多額の頭金が必要な為、なかなか購入することが出来ません。


逆に、どれだけ融資が付いたとしても、
収益性が悪い物件を購入してはいけません。
(特に十分なキャッシュフローを得るまでは)
 
先の3S銀行の事例を見てもわかる通り、
収益性が悪い物件を融資が付くからといって
安易に購入してしまうと、
 
ちょっとした事でどんどん預金残高が
減っていくことになりかねないからです。
 
今は、銀行が積極的に貸し出しすることが多いので、
多くの投資家はこのワナにはまって苦労します。
 
このように収益性の判断は、とても重要なのですが、
業者が出すシミュレーションはかなり恣意が入っており、
本来よりかなり甘く(良く)計算してあることが多いです。
 
例えば、家賃がずっと下がらない計算になっていたり、
修繕費が異様に安かったり、1年中満室になっているなどです。
 
安易に鵜呑みにするのは大変危険です。


その点、当会では、当会オリジナルの長期シミュレーターを使い
収益性を一目瞭然に一瞬で判定することができます。
 
これで、多くのリスクを排除することができ、
無駄な時間を割くことを回避することができます。

それは、「収益性が素晴らしい物件に、銀行融資を取り付けること」です。
 
これが実現すれば、不動産投資の9割が成功したと言えます。
 
なぜならば、「収益性がよい物件」を購入できた場合、少々の【突発の出費】があったとしても、資金的余裕があるため、いろいろなことに対応が可能だからです。
 
つまり、少々のことではビクともしませんので、収益性が良い物件を購入するということは、大きなリスクヘッジになるのです。
 
そして、収益性が良いということは、決算書が良くなりますので、その後の拡大戦略、銀行戦略でも有利に働きます。


また、「融資が付くこと」も重要です。
 
なぜなら、不動産を全額キャッシュで、購入できる人は稀で、不動産投資には銀行融資が付きものだからです。
 
よって、どれだけ収益性が良くても、融資が付かない物件は、多額の頭金が必要な為、なかなか購入することが出来ません。


逆に、どれだけ融資が付いたとしても、収益性が悪い物件を購入してはいけません。(特に十分なキャッシュフローを得るまでは)
 
先の3S銀行の事例を見てもわかる通り、収益性が悪い物件を融資が付くからといって安易に購入してしまうと、ちょっとした事でどんどん預金残高が減っていくことになりかねないからです。
 
今は、銀行が積極的に貸し出しすることが多いので、多くの投資家はこのワナにはまって苦労します。
 
このように収益性の判断は、とても重要なのですが、業者が出すシミュレーションはかなり恣意が入っており、本来よりかなり甘く(良く)計算してあることが多いです。
 
例えば、家賃がずっと下がらない計算になっていたり、修繕費が異様に安かったり、1年中満室になっているなどです。
 
安易に鵜呑みにするのは大変危険です。
 
その点、当会では、当会オリジナルの長期シミュレーターを使い収益性を一目瞭然に一瞬で判定することができます。
 
これで、多くのリスクを排除することができ、無駄な時間を割くことを回避することができます。

不動産投資で経済的自由を手にする会とは

「初~中級者」中古物件の取得支援に特化した不動産投資顧問です。
 
最短で、不動産投資の知識を身につけ、経済的自由を手にする為の支援を目的としています。
 

  • 会員限定不動産投資マニュアル
  • メール相談
  • 購入対象物件相談
  • 電話相談
  • 少人数グループセミナー


主にこれらを活用し、担当者が少人数制でサポートをしています。
 
村田をはじめ、トレーナー陣全員が、家賃収入1億超の不動産投資家という会は
業界を見渡しても当会だけです。
 
トレーナー陣が、今まで培ってきた経験、ネットワークをもって、
あなたが、自立したプロの不動産投資家になれるようサポート致します。
 
 
【組織図】