代表プロフィール

村田 幸紀 (むらた こうき)

 
■エグゼクティブトレーナー

 三重県出身 1970年生まれ。
 
小学生の頃、大工の父が足場から足を踏み外し2階の高さから落下。大けがを負う。

自営業のため収入ゼロになり、その後1年以上復帰にかかる。普通なら破産してもおかしくない所を、当時父が自分で建て所有していたアパートに救われる。
 
2004年から自身でも不動産投資を開始し、築古高利回り物件を購入する。
 
その後入居者が全員退去するという事態に見舞われ、 貯金も底をつき、あと7週間で破綻する所まで追い込まれるが、奇跡的に危機を脱する。
 
2006年にRC物件へ方針転換。
しかし、成功への道のりは険しく、購入できない時期が続く。
 
特に属性があまり高くなかったこともあり、融資付けに大変な苦労する。
特に当時全盛期だったSMBCから融資を受けられず、大魚を何度も逃す苦い経験をする。
 
それでもあきらめず、地銀融資を突き詰めることで、
5棟、 総資産4億9千万円の物件を購入することに成功する。
 
この時の様々な失敗や経験が、糧となり、いつしか「地銀の村田」と呼ばれるようになる。
 
<RC物件へ方針転換後11ヶ月間の活動記録>

 
  • 電話した銀行数
  • 融資打診の電話数
  • 融資申し込み数
  • 断られた回数
  • OKだった回数
  • 概要書の取り寄せ
  • 現地確認
  • 買い付け
  • 売買契約
  • 決済
:  49行
: 119回
:  71回
:  66回
:   5回
: 783件
:  24件
:  17件
:   8件
:   5件

<取得物件概要>
◇現在は19棟434戸を所有。
・総資産26億円(現在価値)
・家賃収入3億円超/年(満室時)
・銀行への返済1.2億円未満/年(返済比率39%)

 村田 幸紀 (むらた こうき)

■エグゼクティブトレーナー
 
三重県出身 1970年生まれ
 
小学生の頃、大工の父が足場から足を踏み外し2階の高さから落下。大けがを負う。

自営業のため収入ゼロになり、その後1年以上復帰にかかる。
普通なら破産してもおかしくない所を、当時父が自分で建て所有していたアパートに救われる。
 
2004年から自身でも不動産投資を開始し、築古高利回り物件を購入する。
その後入居者が全員退去するという事態に見舞われ、 貯金も底をつき、あと7週間で破綻する所まで追い込まれるが、奇跡的に危機を脱する。
 
2006年にRC物件へ方針転換。
しかし、成功への道のりは険しく、購入できない時期が続く。
 
特に属性があまり高くなかったこともあり、融資付けに大変な苦労する。
特に当時全盛期だったSMBCから融資を受けられず、大魚を何度も逃す苦い経験をする。
 
それでもあきらめず、地銀融資を突き詰めることで、
5棟、 総資産4億9千万円の物件を購入することに成功する。
 
この時の様々な失敗や経験が、糧となり、いつしか「地銀の村田」と呼ばれるようになる。
 
<RC物件へ方針転換後11ヶ月間の活動記録>

 

  • 電話した銀行数
  • 融資打診の電話数
  • 融資申し込み数
  • 断られた回数
  • OKだった回数
  • 概要書の取り寄せ
  • 現地確認
  • 買い付け
  • 売買契約
  • 決済
:  49行
: 119回
:  71回
:  66回
:   5回
: 783件
:  24件
:  17件
:   8件
:   5件

<取得物件概要>
◇現在は19棟434戸を所有。
・総資産26億円(現在価値)
・家賃収入3億円超/年(満室時)
・銀行への返済1.2億円未満/年(返済比率39%)

村田の所有物件


 
以上の資産で、不労所得で3億を超える収入、そして、必要経費や銀行への返済を引いた残りのキャッシュフローで年間1億円以上を達成することができました。

 

村田の所有物件


 
以上の資産で、不労所得で3億を超える収入、そして、必要経費や銀行への返済を引いた
残りのキャッシュフローで年間1億円以上を達成することができました。